ラウンド日記#12: ヌーヴェルゴルフ倶楽部

ラウンド日記

2016年最後のラウンドは千葉のヌーヴェルゴルフ倶楽部。

現在は佐川急便の持株会社であるSGホールディングスグループの傘下にあるゴルフ場だ。1975年から京都の開発会社が開場準備を進めていたところ佐川に2001年3月に譲渡、その後2001年9月にオープンしたそう。

会員制ではないゴルフ場ながら、その水準に近いクオリティを持つゴルフ場の一つではないだろうか。

料金 ★★★☆☆
季節によって変動はあるものの、クオリティ対比での料金は悪くないと思う。ちなみにNメイトカードという割引会員制度が導入されており、カード発行手数料が2,160円。1回当たりの価格が最大500円程違うようだが、同じ価格設定の日もあり、それなりに通わないと元は取れない。

コース設計・戦略性 ★★★☆☆
レギュラーティーで6,153ヤード。全体的な距離は短いながら面白い設計、綺麗なホールも多い。男性としてはもう少し長めのパー4があるほうが面白いと思うが、接待等も対象とするとこのような設計になるんだろうか。

コースメンテナンス ★★★★☆
グリーンは速め。綺麗にメンテナンスされている。印象的だったのはラフが少し深いことだろうか。この季節のラフは簡単なコースだと刈り込み+芝の枯れで簡単である印象であるが、ボールが丸ごと埋まってしまうような場所も多く、意外と苦戦した。

クラブハウス等設備 ★★★★☆
クラブハウスはかなり綺麗。ビジターの立場からすると会員制ではないのでロッカーも分かれておらず、施設を全て満喫することが可能。練習場が道を挟んだところにあり、遠いのでその分は減点。

食事 ★★★★☆
かなり力を入れているのではないだろうか。そしてボリュームが凄い。味もOK。

スタッフ ★★★★☆
気取ることなく皆気さくでいい印象。ラウンド後の練習時にクラブを見て気が付いたが、かなり綺麗にクラブが拭き取られていた様子で感心。

アクセス ★★★★☆
東京都心から1時間ちょっとで到着。朝の渋滞リスクも少ないし、帰りも遅くならなければ大きな渋滞に巻き込まれない。これはかない高評価。

7項目の平均は3.7点。今まで行ったゴルフ場の中ではかなり評価が高い。

スコアはダメ。かなりの強風の中INスタートであったが途中からだんだん集中力が切れてきてしまった。

課題は以下だろうか。
■3パットが多すぎる。
■ドライバーを振るとオーバーしてしまうようなコースのティーショット。3番や5番でもっとうまくティーショットを打てるように。
■ラフからうまく出せずにダフッてしまうこと多数。クラブ選択の問題もあり?

良かった点としては、
■ドライバーがある程度安定し、OBがゼロだったこと。どうやらドライバーは所謂「振り遅れ」があったようで、少しゆっくり、しなりを感じるような形で振ると真っすぐ飛びやすいことにようやく気付く。
■ロングホールで5番ウッドや7番ウッドを2打目にうまく活用できるようになってきた。飛距離はそれなりに出るほうなので、これをうまく使えばロングホールでの2オンも狙えるはず。今回はINコースの16番、176ヤードのパー3において、7番ウッドでピン側に1オンに成功。これが最高に気持ちよかった。

2017年の7月でゴルフデビューから1年。それまでに90切りは達成したい。