ラウンド日記#22: 京カントリークラブ

ゴルフ

2回目の京カントリークラブアーリーバード。4時台にスタートすることで10時前に自宅に帰ってくることができて効率的に週末を過ごすことができるので、これから夏のゴルフはほとんどこれになりそう。

料金 ★★☆☆☆
早朝スタートのアーリーバード、スループレイで15,000円弱くらい。ゴルフシーズンであることを考えると妥当な水準かとは思うがもう少し安いと嬉しい。

コース設計・戦略性 ★★★★☆
OUTスタートだが前回に引き続き1番ホールから狂う。どうも1番ホールのプレッシャーが強くてうまくいかない。

コースメンテナンス ★★★★☆
フェアウェイ、グリーン共に今回もかなり綺麗な状況。

クラブハウス等設備 ★★☆☆☆
今回はクラブハウスは殆ど利用せず。自宅からゴルフウェアで向かい、帰りも簡単に着替えてすぐ帰宅。アーリーバードということもあって、このシーズンでもそこまで汗をかかないところもgood。

食事
スループレイにつき食事はなし。

スタッフ
殆どからみなし。

アクセス ★★★☆☆
今回は自宅から1時間5分くらいで到着。成田方面は帰りも帰宅ルートが複数あるので、渋滞を回避しやすい点もいい。アクアラインとの大きな違い。

実は大の飛行機好きでもあるので、飛行機を真上に見上げられる京カントリーはその点でも好き。

今回もひどいラウンドだったが、唯一の収穫としてはクラブの飛距離の勘違いに気が付いたこと。残り85ヤードの場面で今までは50度で少し弱く打っていたが、56度のフルスイングでだいたい距離が合うことを認識。距離が短めのPAR4で今回2度程2打目が85ヤードになり、そこから56度でベタピンに2度寄せることができた。

練習不足なのかアイアンの打ちそこないが多い。7番アイアンでさえきちんと芯を捕えられたのは50%くらいだった気がする。ここを修正していかないとまた100切りができない水準に戻ってしまうのだと思う。

全くもって酷いスコア。情けない。9番ホールのプラス7というのはグリーン手前の巨大な池の横にある顎の高いバンカーに入れてしまったことが原因。素直に簡単な方向に出せばよかったものの、欲が出てしまいこんな結果に。これがなければ100ちょっとくらいかと思うと、少しもったいなかったか。

このコースでベストスコアが出ることはまずないだろうと思いつつ、もう何回かチャレンジしてみたい。