ラウンド日記#60:オーク・ヒルズ カントリークラブ

ラウンド日記

約2年ぶり、4回目のオーク・ヒルズカントリークラブです。

過去3回はいずれも早朝スルーだったので、通常の時間のラウンドは初めてです(1回目2回目3回目)。

ゴルフ場に到着したのがプレー開始20分前。渋滞はなかったものの想定よりも時間がかかりました。東京都心から約1時間半程度の距離。ただ帰宅時も全く渋滞がなく、東関東自動車道方面のゴルフはその点本当に快適です。

12番

14番

クラブ選択に迷い、風に乗ってしまいグリーン奥のバンカーへ。グリーンからは出すだけ。そこから15mくらいの下りパットがそのままカップへ。まさかのパー。

15番

16番

オーク・ヒルズの名物ホール、PAR5。ドライバーがそこそこ飛んで2打目の残り距離が210ヤードに。欲が出てしまいここから4W。引っかけて左へ。

昼食

1番

3番

ドライバーだと少し左へ行けば突き抜けるものの、リスクをとってしっかりと降りぬいた結果フェアウェイ中央やや右側の最高の場所へ。

5番

9番

コースはやはり面白い。少し残念だったのが芝の状態がいまいちで、フェアウェイではげている所が多かったり、グリーンに修復が遅れたのであろうボールマークがたくさんあったこと。

結果は89。今までのベストスコアが90だったので思わぬ形でベストスコア更新です。

最近の悩みの種だったシャンクが解消し、アイアンがある程度安定化してきたことが大きな要因です。シャンクの原因はどうやらダウンスイング時にフェースが開いていたことだったみたい。コロナ禍の状況でゴルフをしばらく自粛していたこともあり、フェースが寝てしまうように気が付かないうちになってしまっていたようです。

そして今日のもう一つの収穫。途中から「ボギーでいいや」と開き直ってプレーをできたこと。考えてみれば今までのベストスコアの90というのは平均してボギーということ。それが実力であるにも関わらず、無理をしてPARを狙っていた状況。2ONが無理そうであれば3ONに諦めて寄せる。2ONした時に2パットが簡単そうでなければ絶対に3パットに抑えるように無理をしない。そんな意識を持つだけでもだいぶスコアが変わる気がします。

シャンクも一旦乗り越え、ゴルフがまた楽しくなってきました。