シャンク」カテゴリーアーカイブ

ラウンド日記#69:総武カントリークラブ・総武コース

先週のロイヤルスターでのゴルフの調子が意外にもよかったので、その感覚をもって総武カントリーへ行ってきました。

前回の総武に引き続まぁひどい結果に。ドライバーはまともに当たらないし、アイアンはロングからウェッジまで半分くらいがシャンクに。

振り返ってみれば、昨年からのゴルフではかなりの確率でシャンクが出ています。今まではダウンスイングの際に体重がつま先寄りになってしまっているのでは?と思って、そこを意識すればマシになることが多かったものの、どれだけ意識しても大きくは変わらない。

右足が前に出ることが原因とも良く聞くが、結局原因はどこにあるんだろうか。

ここは一度基礎からしっかりと勉強しなおそうと考え、久々にレッスンの予約。そんななか、Youtubeでレッスン動画を探していると・・・

見つけたのが小平プロの動画。レッスンプロではないので理論でどうこう細かく語る訳では無いものの、これを意識して練習場に行ってみたらかなり改善した気がする。

シャンクは2通り


① 体が突っ込んで開く(右の懐が広くなる)
⇒頭を残して、方のラインを揃える。インパクトの時に左肩と右肩がまっすぐ。胸は下を向く。ボールに当たるまで頭を残す。
② 煽る。体は残っているが、顔が上がり、右に体重が残りすぎてアッパースイングになっている。腰が止まっていることが原因。
⇒横に体を回転させる。

まとめると・・・「頭を残して腰を切る」

どうしてもシャンクがラウンド中に出て困ったら、頭を動かさず、ボールを見て打つ。ヘッドを走らせて打つ。


最近意識してなかったけど、頭を残すってゴルフ始めたころ良く言われてたな。結局こういう基本がきちんとできてないから、スコアも伸び悩んでるんだと思う。

この日のゴルフの結果は以下の通り。ひどすぎる・・・けど今週リベンジに行くことにした。小平プロのレッスン動画を見て、そして前日にゴルフレッスンに行く予定で、どれだけ効果が出るか楽しみだ。