ラウンド日記#77:真名カントリークラブ ゲーリー・プレーヤーコース

真名カントリークラブ ゲーリー・プレーヤーコースの早朝スループレイに初めて行ってきました。今まで行ったことのある早朝スループレイの中では、一番「通常のプレー」に近い対応だったかもしれません。

4:30前にゴルフ場に到着をするも、フロントも開いていて、ロッカーも使うことができました。

ゴルフ場自体は設計もなかなか面白く、バックティーからであれば距離もしっかりとあります。今回はバックティーから2サムです。

4:30前に到着してすぐにロッカールームへ。96年に開場したとは思えない豪華さです。現代のクラブハウスの建て替えではこのようなロッカールームの実現は簡単ではないと思います。

このゲーリー・プレイヤーコースでは、ロッカールームの上のフロアからモノレールでティーグラウンドへ向かいます。これも初めての経験。忘れ物をしたらロッカーに戻るのが面倒そうです。

(出所:ホームページ

ゲーリー・プレイヤーコースは、ワングリーンでバンカーが多いのも特徴。そしてバンカーは深いところも多いです。できるだけ入れないようにと意識をしながらINコースからラウンド開始。

INスタート 10番

PAR4を改造してつくったようなPAR3から。朝一できちんと振れる感覚が持てず、やや長いPAR3は刻む形でゆっくりスイング。ある意味予定通りボギー発進。

11番

いいきなりドライバーを右に曲げる。さっそくダボを叩いてしまい、嫌な予感が頭をよぎる。

12番

名物ホールの左右が大きなバンカーに囲まれたPAR3。21度のユーティリティで1オン。結果PAR。

13番

フェアウェイはキープするも、やや左で残り距離が大きく残る。2打目はショート。3打目でグリーンオーバーしてバンカーへ。ここもボギー。

14番

ドライバーを左にひっかけダボ。

15番

ドライバーを右に曲げたものの、結果としてPAR。

16番

kおこもやや長めのPAR3。左に曲げて危ないところだった。結果としてボギー。

17番

フェアウェイキープからのPAR。

18番

フェアウェイキープからのPAR。前半は43。期待をもって後半戦へ。

OUT

1番

ドライバーを左にひっかけてOBか・・・と思ったものの、残ってくれていた。

2打目は前足上がりの少し難しいラフからだったものの、ここからうまく打ててPARオン。結果として2パットで沈めてPAR。

2番

フェアウェイキープからのPAR。

3番

7番アイアンをひっかけてグリーン左へ。OBギリギリのベアグラウンド。そこからのアプローチが止まらず、グリーンをこぼれ、結果としてダボ。

4番

フェアウェイキープはできたものの、ボギー。距離が長い。

5番

ドライバーを左にひっかけてダボ。

6番

今日一日のスコアがなんとなく良いことも分かっており、徐々にプレッシャーに。左右のバンカーのアゴが大変高く、絶対に入れてはだめだ・・・と思っていたところ、ややプッシュアプトするような球が出て、結果としてはグリーン右側のバンカー手前のベアグラウンドに。そこからアプローチでうまく寄せることができて、PAR。

7番

ドライバーが右へ。そこから苦戦し、結果としてダボ。

8番

今日一番気持ちよかったのが2ndショット。ティーショットが右側のバンカーに入り、その少し前によこから木が出ており直接グリーンが狙えない状況。59度をすこし立てて、低めの球で木の下からグリーンを狙い、うまくとまってくれた。結果PAR。

9番

うまくいけば80台前半も出るのではないか・・・そんな淡い期待をもちながらプレーをしていたところ、最後の最後に大きなミス。ドライバーがトップのようになって、この池にボールが真っすぐ向かってチャポン。今日一のミス。結果としてはダボ。

ここ最近では一番いいスコアで上がれたし、良しとしたい。特にアイアンの調子がすごくよかった。最近はスイングのリズムというかテンポにかなり気を使っているけれど、ここが効いてきたように感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です